FC2ブログ

Uターン

お天気も良いので「おいぬ様」が守り神となっている(おいぬ様は日本狼ですが)
神武蔵御嶽神社へ空と海の健康祈願とついでに紅葉も見て来ようと行って来ました

青梅や奥多摩方面は行き慣れているので8時少し前に出発し9時頃御嶽駅前を通ると
ケーブルカー乗り場の滝本行きのバスを待つ行列の凄さに驚いた
(こんな行列がず~っと続いてた

P1100593s.jpg

もしかして、駐車場も満車かと不安に思う
やっぱり駐車場は満車、ケーブルカー乗り場も凄い人で何時間待てば良いのやら
諦めてUターンして帰りました


家に帰ると陸は気持ち良さそうに日向ぼっこしている

P1100595s.jpg

P1100596s.jpg

御嶽山は散策出来なかったけど、近くの小金井公園へお散歩に行って来ました
風も無くて暖かいので気持ちいい~
・・・けど、小金井公園も凄い人 

P1100606s.jpg

右側にドッグラン、左側はバーベキュー広場
今日は行楽日和だから何処も混んでいるのね

P1100607s.jpg

今年はあまりが色づいてない
イチョウも落葉し、銀杏の匂いがします
空・海 : あっちからバーベキューのいい匂いがしましゅね♪

P1100613s.jpg

空・海 : 眩しいでしゅ

P1100614s.jpg

暖かいのでお外でランチも良かったかなぁ~

P1100624s.jpg

結局、家に帰ってボジョレー・ヌーボーを飲みながらランチ
その後は皆でお昼寝してしまいました






11月22日は我家の日
ワンワンニャンニャン  いい夫婦の日  ナンバー1122


・・・ですが、午後から東京家庭裁判所に行って来ました
(不在者財産管理人選任申立事件についてお尋ねしたいことがありますので
 家事第1部1係書記官室までおいでください。と封書が送られて来たので)

今年4月に子供の居ない一人暮らしの伯母が亡くなって初めてわかった事がある
伯母は20代で単身渡米し、50代で離婚して日本に戻り亡くなる86歳まで一人で
(離婚した時の慰謝料で小さな家を買い)暮らしていた
亡くなってから戸籍謄本などを見てみるとアメリカ国籍の人と2回結婚していて
2回目の離婚が戸籍上成立していなかったのだ
子供無し、配偶者(アメリカ国籍)有り(生きていれば伯母と同じ86歳)
これが大問題なのです

相続財産管理人(伯母の配偶者が行方不明なので)の主人と父が面接される事になり
私も父の付き添いで同席させてもらいました
面接官(裁判所の書記官OB?60代後半の男性)が最初から話が反れてばかりで
何でも決め付けた考え人を見下した言動にとても嫌な感じです
例えば、79歳の父に「もういつ死んでもいいと思ってるだろう」「痛い所があるならあと1年は大丈夫だな」
「5年先の事なんか考える事ないだろう」等々
「子供の居ないのは我がままで好き勝手してるから年金も貰う価値も無い」などと言うので
主人が「子供が欲しくても出来ない夫婦もいるんです」などと言うと何倍にもなって返って来る
面接と言うより面接官が1人で関係ない話まで喋り捲っていました
書類の提出の仕方のアドバイスなど必要な事だけなら30分で済むのに
2時間も嫌な思いをしました
私が今まで生きてきた中で一番嫌悪感を感じた人でした
家庭裁判所に初めて関わりましたが
最初に主人の携帯に書記官から電話があった時も名乗らず面接日を第3希望日まで伝え
その後面接官の予定を聞いて電話くれるはずが3日待っても電話がなく電話すると
「忘れてました!」と。。。「昨日郵送で場所などが書かれた物を送りました」と。。。
しかし、4日待っても届かず、また電話をしたら忘れていたようで「これから出します」と。。。
裁判所の書記官ってそんなに忙しいの?それとも仕事が出来ないだけ?
家庭裁判所のイメージが悪くなった1日でした

伯母が遺言を残していたらこんなに大変な事にはならなかったのでしょう
財産があってもなくても子供の居ない人は遺言書を残しておかないと大変な事になると痛感しました






---------------------------------------------------------------------------------------


スポンサーサイト