FC2ブログ

GWも終わり・・・

GW最終日の8日は午前中に空と海を動物病院に連れて行き
フィラリアの血液検査とお薬、狂犬病の予防注射をして来ました

お昼は新緑がきれいな小金井公園でシートを敷いて
お弁当とを持ってのんびりアウトドアランチ
空と海もお弁当持参、私達は買って来たお弁当などを食べながら
久しぶりにのんびり過せました
空は公園から帰りたくないと歩かないのでカートに積んだキャリーの中に入り
楽チンで眠そうな顔
海はちゃんと最後まで歩いて帰りました





今年のGWは身内が急死した為葬儀などで忙しい日々を過していました
3月に1人暮らしの伯母(父の姉)が白血球5万という異常値で
病院から連絡があり母と行くと血液の病気かもしれないので
総合病院で詳しく検査した方が良いと言われたのが3月20日

25日に検査入院した時には白血球7万にまで増えていました
白血病か?と思っていたのですが肺のレントゲン・気管支鏡・MRIの結果
右の肺に4~5cmの癌がある事がわかりそのまま入院
86歳という年齢もあり手術も抗がん剤も放射線も無理だという説明があり
伯母にも告知し緩和ケアの先生とも相談の上ホスピス病棟のベッドが空いたら
移る事になっていました

最後に伯母に会ったのは4月28日
お見舞いに行った時には呼吸は少し苦しそうでしたが
お喋りも色々出来たし「今度来る時に欲しい物はある?」と聞くと
リップクリームとカーラーを止めるピンが欲しいと言っていた伯母
入院してても口紅をつけたり、シャンプー後には髪にカーラーを巻いて
自分でセットしていたお洒落な伯母でした

伯母は20代で1人アメリカに渡り結婚しボストンで長年暮らしていました
私が子供の時クリスマスになるとアメリカからクリスマスプレゼントが
届くのがとても楽しみで日本にはないプレゼントばかりでした
35年ほど前に離婚して日本に戻り75歳まで仕事をしていました

伯母には子供がいないので姪である私は可愛がってもらい
高校生の時には私の友達と山中湖の旅行にも一緒に行きました
入院からわずか35日目の4月30日19時50分永眠しました
ホスピスに移る前に苦しまず眠るように逝った伯母は
とてもきれいな安らかな顔でした

8人兄弟姉妹の末っ子が父で、そのすぐ上の姉が伯母で
父にとっては最後の兄弟姉妹でした
本来なら喪主になる父が葬儀などをすすめていくのですが
高齢の両親には無理な状況だったので私達夫婦と弟で葬儀を行いました
この連休は初めての経験ばかりで精神・体力的に大変でしたが
無事に終わることが出来て伯母も喜んでくれたと思います
これからまだやらなくてはいけない事も多々ありますが
GW最終日にやっとのんびり過す事が出来ました
スポンサーサイト